■ソロストーブの構造
ソロストーブは底の通気口から取り込まれた空気が1次燃焼を起こし、
暖められた空気が2重壁の間を上昇して2次燃焼を起こすという極め
て燃焼効率の高い構造を作り出すことに成功しました。

特許も取得したこの構造により、少ない燃料で十分な火力を生み出す
事ができる上、丈夫で軽いスレンレス構造なので耐久性も高くコンパ
クトで持ち運びに便利です。

▼構造図

 

 

 

■耐久性
ソロストーブの外壁・内部のファイヤーボックス・ゴトクの円形部は溶接
ではなく、つなぎ目のないワンピース工法で作られています。
これにより、つなぎ目
からの破損や劣化を防ぎ、ストーブ全体の高強度を
実現しました。